例えば「日焼け止め」「クレンジング」など気になるワードを下の検索枠に入れて検索してください!

動物実験について

AI活用で動物実験が9割減少!総務省によると10年後に実現予定

動物実験反対の立場の人にとっては、嬉しいニュースが飛び込んできました!

日本国内で新しい物質が開発されると、その物質が人体や環境に悪影響を及ぼさないかどうかを調べるために動物実験が行われています。

もじゃ子
動物実験の現状についてはコチラの記事をぜひご覧ください!

今回AI(人工知能)を使った化学物質の安全評価技術の開発を進める経済産業プロジェクトチームが、AIを使うことで日本国内の動物実験数を約10年後に9割削減できるという試算が発表されました!

日本国内で新しい物質が開発された際に、動物実験ではなくてAIを使って安全性を確認できるってことだね!りんぞー感激!
りんぞー

AIを活用することで動物実験による犠牲を減らすことはもちろんのこと、実験費用も大きく削減できるとのこと。

AIによる安全評価技術の開発は2017年から2021年度までの5年間を計画していて、東京大学や産業技術総合研究所などの9つの機関が参加しています。

10年後が待ち遠しいですが、5年間しっかりと開発をして、確実に動物実験を減らせる未来が来ることを願うばかりです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

もじゃ子

田舎で小さなペットサロンを経営しています。三度の飯より動物が大好き!多くの人に動物実験の実態をして貰うために小さなことからが行動していきます。

-動物実験について
-AI, クルエルティフリー, 動物実験反対, 動物愛護, 動物福祉

© 2021 クルエルティフリードットコム Powered by AFFINGER5